2016年11月10日

冬支度

すっかり寒くなりました。
暦の上では立冬も過ぎましたので、仕方ないといえばそうなのですが。。。心の準備も整わないままに雪景色になってしまいました(>_<)
身体が寒さに慣れていないこの時期、体調を崩しやすいので気を付けてくださいね。

札幌 中央区 美容鍼 じゅあきや まっきーこと菅原 万貴のブログです。

今年はすでにインフルエンザも出始めているようです。
予防接種をお考えの方は早めに受けられた方がいいのかも知れません。(予防接種をしたからといって罹患しないわけではありません。接種により微熱などの症状がでる場合もあります。)

まず、身体を冷やさないよう心がけてください。
よく、寒いときには『首』とつくところを隠すようにといわれます。首すじ、手首、足首の3ヵ所です。首すじと手首は皆さんが思われる場所で間違いないのですが、足首だけはちょっと違います。

寒さは【三陰交 さんいんこう】から入ると言われます。

119561693-thumb-400x249-858.png
ココです👆

私たちが通常考える、足首の位置より随分上だということがおわかりいただけますか?

内くるぶしの一番高いところに、反対の手の小指をあてて指4本分上、ひとさし指のあたるところです。
(同身寸法と言って、自分の手ではかります。他のひとの手では正しくツボをとれませんので、ご注意を。)

この部分が隠れる丈の靴下、またはレッグウォーマーの着用をおすすめしています。 
三陰交にお灸をするのも効果的。

食べ物では、生姜やシナモンの温め効果が有名ですね。

私は、ハーブたっぷりのジンジャーエキスを作って保存します。
ミルクティーに入れれば即席チャイに、コーヒーに合わせるとマサラコーヒーになります。
甘酒やホットワインに加えるのもいいですよ(о´∀`о)

シチューやお味噌汁などのお料理にも、意外なほどよく合います(笑)コクが増します。ハーブの香りも気になりませんよ。

私は、お料理にも使いたいので甘味は使いませんが、お好みで砂糖や蜂蜜を加えていただいてもいいと思います。

作り方はとってもアバウトですが

水・・・・・・・・1リットル
生姜スライス・・・1個分
シナモン・・・・・1本
クローブ・・・・・3〜5個
カルダモン・・・・5振りくらい

水から全ての材料を入れて、沸騰したら弱火でコトコト約30分。水が半分くらいになるまで煮詰めます。冷めたら瓶に入れて冷蔵庫保存。

私の冬支度です。
(大抵、足りなくなって作り足します💦)
今年もそろそろやらなくちゃ。

最後までお読みいただきありがとうございます。


鍼灸治療院 寿あき屋―じゅあきや―

〒0640806
札幌中央区南6条西14丁目1―22
マイルームセンタービル2F
☎ 0115960571

Facebook
鍼灸治療院 寿あき屋―じゅあきや―

LINE
菅原 万貴    ID:jyuakiya

完全予約制です。
お電話または、LINEにてご予約ください。


posted by まっきー at 23:37| 北海道 ☔| 季節のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

土用のうなぎ

今月30日は土用の丑の日。
スーパーなどでもうなぎコーナーが少し広くなっているみたい(^^)
寿あき屋の向かいにあるお寿司屋さんの前にも『うなぎ』ののぼりが立っています。

たくさんの中から見つけて、お読みいただきありがとうございます。
札幌 中央区 鍼灸治療院 寿あき屋 −じゅあきやー 中医学 女性鍼灸師 菅原万貴 のブログです。

暑い日が続いています。
ちょっと夏バテ気味という方もいらっしゃるでしょうか?
私は大丈夫!暑さには強いのよという方でも
ビールが美味しくてついつい飲みすぎちゃったりしていませんか?
私は。。。両方だったりします(笑)

土用の丑の日といえばうなぎ。
うなぎ.jpg
ところで、うなぎは本当にパワーがでる食材なのでしょうか?


土用の丑の日にうなぎを食べるというのは、うなぎ屋さんお宣伝が功を奏したから?!

本来、晩秋から冬にかけてが旬のうなぎは、夏には味がおちるためお客さんが少なく困ったうなぎ屋さんが友人に相談
丑の日には「う」のつく食べ物を食べると夏負けしないという民間伝承にヒントを得て
「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを提案され、貼ってみたところお店は大盛況!他のうなぎ屋さんも真似するようになったのだとか。。。
提案した友人(仕掛け人?)というのは平賀源内。

hiraga.gif

この人。
日本初のコピーライターと言われているようです。

実際、うなぎにはビタミンA群、B群が豊富に含まれており夏バテに効果があるようです。

しかし

夏バテの程度によります。
もともと胃腸が丈夫ではない人、虚弱な体質の人にとっては脂がのったうなぎは少々負担に。
江戸の町は圧倒的に男性、しかも肉体労働の男性が多い町だったようです。
屈強な男性にとってはパワーの源となったのでしょう。

では
うなぎに負けちゃう人にとってのパワー食材は?
「う」のつくところでは梅干しもいいですね。梅干しに多く含まれるクエン酸は疲労を回復してくれます。
汗と一緒に体外に出てしまったミネラルを補うこともできます。

そして
飲む点滴ともいわれるのが「甘酒」です。
amazake.jpg

北海道で冬によく飲まれる酒粕を使ってお砂糖たっぷり。。。の甘酒ではなく
糀使い自然な甘みの甘酒がおススメです。
「冷やし甘酒」と言っても江戸時代にはそんなに強く冷やす技術はなかったでしょうから
キンキンに冷えたというものではなかったのではないかな?と勝手に推測していますが。。。

どんなに体にいいものでも冷たすぎてはお腹を冷やしてしまいます。
シャーベットみたいに冷やさなくてもいいと思うのデス。

あ、あとは煎茶も身体の余分な熱をとってくれます。
夏野菜には身体を冷やす作用があります。
食べ物の力すごいですね(^^)

旬のおいしいものを食べられる胃腸をキープしましょう。
辛い物を食べ過ぎると胃に熱を持ちますし
冷たい物を取りすぎると冷えちゃいます。
何事もほどほどに。。。

全身治療  中医学に基づき、オーダーメイドの治療を ご提供致します。      
 痛みやしびれはもちろん体質改善もご相談ください      
 生理不順、生理痛、不妊、更年期障害   冷え症、不眠   胃腸障害、便秘  
 肩こり  腰痛   花粉症 アトピー性皮膚炎、脱毛 など  

美容鍼  身体とお肌双方に働きかけることで  本来の美しさを引き出します。  
・マイナス5歳  
・褒められ素肌   
 鏡を見るのが嬉しくなる♪  
・触れたくなる頬

セミナー講師  
・東洋医学、鍼灸について知りたい方へ   各種セミナー承ります。ご相談ください。   
 北海道鍼灸専門学校 ゼミ講師 女性鍼灸   
 もいわ地区センター    
 (公社)北海道鍼灸師会 公開講座   
 その他 〜 企業勉強会、カフェイベントなど      
    ・東洋医学ってなに?   
    ・お灸講座〜セルフケア〜   
    ・自分でできるマイナス5歳の素肌ケア   など ご希望に合わせて

鍼灸治療院 寿あき屋
〒064-0806 札幌市中央区南6条西14丁目1−22 マイルームセンタービル2F
☏ 011-596-0571
📧 jyuakiya@gray.plala.or.jp
月・火・木・金 9:00〜19:30       
    水   9:00〜11:30        
    土   9:00〜14:00
日・祝        休診

鍼灸師ひとりの治療院のため完全予約制となっております。ご了承ください。
posted by まっきー at 20:13| 北海道 ☔| 季節のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。