2009年10月26日

アンチエイジング

少し前のことになってしまいますが、10月12日(月)に白澤卓二先生の講演を聞く機会がありました。
日本鍼灸師会全国大会(東京大会)の都民公開講座でのことです。

講演の冒頭、先生は「アンチエイジングの先にあるものは何だと思いますか?」と聴衆に問いかけました。
アンチエイジングという言葉は、日常よく耳にします。
でもその意味を深く考える機会はあまりありませんでした。

先生は「アンチエイジングの先にあるのは介護予防です。」と仰いました。抗老化とは、年齢に抗うことではなく健康を保つ努力をすること、その意識を持つことなのです。
そのために大切なのは、よく噛んで食べること
               いろいろな種類の物をバランスよく食べること
               意欲的に過ごすこと
なのだそうです。

何にも難しいことは要らない、高いお金をかけなくてもいい、自分の身体に関心を持って、いろんなことに興味を持つこと。


219.JPG

忙しい毎日の中で、ついつい自分のことは後回しになりがち
食事も大急ぎで済ましてしまう
そのために食べやすいものを選び、柔らかいもの、一皿ごはん、
インスタントやファーストフードに頼りがち
心あたりはありませんか?

私自身も早食いの癖がなおらず、咀嚼回数が少ないうえに硬いものが苦手で柔らかいものばかり食べていました。
咀嚼回数が少ないと満腹感を得づらいために食べ過ぎてしまいやすいうえ消化も不十分になりがち胃にかかる負担も大きくなってしまいます。
いいことないですねふらふら

まずはよく噛むことからはじめましょう!
自分の健康は自分で作らなくてはいけません。

私達は健康づくりのお手伝いをさせていただきますわーい(嬉しい顔)


【学会・勉強会の最新記事】
posted by まっきー at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。